運転上達のためには、ポジティブな思考を生む習慣が大事なの?

練習で出来なかったことばかり気にして、やる気を削いでいませんか?

集団生活で知らないうちに、思考がネガティブになっている人は損をしています。

出来なかった事を積み重ねるのではなく、小さな出来たことを積み重ねよう。

駐車(バック)の動作を細分化して、ハードルを下げよう

バック時の動作を細分化するとこんな感じ

  1. 止めるスペースを決める。
  2. 約20cm以下の間隔を開けてハンドルを切る。
  3. ボディの延長線上(後ろ)を停めたいスペースに合わせる。
  4. 様子を見ながら下がる。
  5. 結果を記録する。

結果がひどかった前提で褒める時の具体例。

  1. 「止めるスペース」の選び方は良かった。
  2. 前回よりも早く修正できるようになった。
  3. 駐車スペースとの間隔が約20cm以下に近づいてきた。
  4. ハンドルを切り直す回数が減ってきた。

こんな感じで、どんどん自分を褒めて「運転は楽しいし、やれば出来る」と思える習慣を付けましょう。

さらに、1週間ごとに自分へのご褒美をあげましょう。

練習法のポイントは、「ここが駄目」から「ここをこうしたらもっと良くなる」に変換することです。

例えば、今日はどうしても練習したくない! なんて日には、取り敢えず運転席に座ってエンジンをかけられた! なんて感じで続けましょう。

練習始めて○時間でなく、気づいたら2時間たっていた

褒めて継続していくと、楽しさであっという間に時間がたってしまいます。

夢中の状態に入ると自然に行動範囲を広げたくなってきませんか?

1週間前の自分を思い出して、改善できているポイントを実感しましょう。

例えば半クラッチで変速のショックを全て吸収しようとしすぎて、接続が遅くて上手く加速出来なかった自分が・・・

1週間後には、半クラッチまでの間隔に慣れて倍の速さで加速を始められるようになっていた。

その時の気持ち(感情)を書き留めておいて、何回も思い出しましょう。

ノートを書き始めた時より、ポジティブな単語が増える

この練習法の効果は、車の運転だけでなく普段のメンタルにもいい影響があります。

良くない例としては、ネガティブなワードを浴び続けることです。

長い時間ネガティブワードを浴び続けてしまうと、無意識にやる気が削がれていきます。

運転を教わるなら断然ポジティブな人にしましょう。

教習所の指導員は、無口・棘がある・無関心・情熱が無いなど、メンタルに影響を与える人物が一定程度見受けられますね。(お客様の声から)

ドライブレコーダーに独り言で、罵詈雑言(ばりぞうごん)が記録されていたら唖然としますよね。

テクニック以前に、運転が楽しくなることを意識してやってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました