バック駐車は前進で出る時の軌跡を逆になぞるイメージがコツ!

バックと前進を比べた時に車を曲げやすいのはどちらか知っていますか?

「バックだとどっちにハンドルを切ればいいか、わからなくなるからやりたくない」

ハンドルを切る方向に慣れるための解決策をまとめました。

真っ直ぐ前進駐車して真っ直ぐバック駐車すればコツをつかめる。

真っ直ぐに前後進してハンドルと車の動きをつかむ。
  1. 上の画像のような広くて白線(黒線)で駐車スペースが作られている場所を探してください。
  2. 前進して狙った位置に駐車する。(黒矢印)
  3. ゆっくりバックして左右順番に少しだけハンドルを切って方向を試す。(赤矢印)
  4. サイドミラーの写り方に注意しながら練習を繰り返す。

バック駐車が難しく感じる理由は前進とバックで車の曲がり方が違うからです。

前進の右左折は内輪差が生じ、バックの右左折では外輪差に変わるとどうなるか? 

バックする時は後ろを振り返らず、前進と同じ姿勢で左右のドアミラーとルームミラーの写り方でコツを掴みます。

いきなりバック駐車の練習をするよりも、ハンドルの微調整で曲がり方と曲がる方向を確認した方が楽にコツをつかめます。

私は前進とバックのハンドルの切り方と曲がり具合の違いを意識して練習しました。

斜めになっていると感じたら止まって、ドアを開けて目視で確認するのがコツです。

車種によってハンドルを切るタイミングを変える必要がある。

運転する前提として「このブログでこの位置にここが見えたらハンドルを切る」と記事に書いてあったとしても、記事の中でどんな車種に乗っているかで操作のタイミングは違います。

車種の違いチェックポイント

  1. ハンドルの切れ角は大型車両ほど少なくなり、小型車両ほど大きく小回りが効きます。
  2. ボディ形状別のオーバーハングの違いを確かめる。

ハンドルの切れ角とはタイヤの曲がる量です。

大型車両は少ないため出来るだけ斜めに進入しながら、真っ直ぐに戻し最後に切り足す感じで切ります。

軽自動車でオーバーハングの少ないボディなら切り始めのタイミングが遅れてしまっても、一気に素早く切り込めば修正が効きます。

私は仕事で大型車両ばかり乗っていたので、普段は軽自動車とのギャップを楽しんでます。

直角バックと斜めのバックは駐車場の違いを理解して使い分ける。

教習所内で教わるのは直角バックですから直角バックをしようと考えるのは自然です。

私が驚いたのは教習所の外にある駐車場で直角バックしている車が居なかったことです。

斜めのバックの採用率が高い理由

  1. 直角バックよりも狭いスペースで駐車できるから。
  2. 直角バックより操作が少ない分、短い時間で駐車が終わるから。

駐車場から車を出すときの軌跡をバックして逆に戻っていると仮定してください。

単純に直角バックのスタート地点よりも斜めのバックの方が近いことがわかります。

前進で斜めに前に出してからスタートするので、バックを始める地点が駐車スペースに近く、真っ直ぐに前に出すよりもハンドルを切る量も少なくなります。

広大な空きスペースで一人ぼっちで駐車するなら、直角バックでもいいです。

普段他車の間や混むところでは、斜めのバックで時間を短縮します。

私は斜めのバックで駐車出来ないところは無いので、斜めのバックしかしていません。

あなたも直進バックで車の進む方向とハンドルを切る方向を一致させるコツをつかんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました