車のバック事故を防ぐためのアイテムも使い方を間違えば、こうなる

こんにちは、先ほど電気設備の保安点検が終わったばかりのノンターボです。


今日はバックモニターの使い方を間違えて起きた事故の原因について解説していきます。

バックカメラの取り付け位置の違いで出来る死角を考えて運転しなければなりません。

まずはバックモニターの正しい使い方を憶えましょう。

構造と死角を理解するための考え方はこんな感じ。

1と2はカメラ取付位置です。

2の場合2よりも高い位置(1から2を結んだ部分)に死角ができます。

1の場合は左右に死角があります。

どちらの場合もモニターだけの情報では全然必要な情報が足りていません。

バックモニターの欠点をカバーする3つの方法

これは単純に

1.後ろを振り返り左右から侵入するものがないか確認する。

2.モニターよりも高い位置はバックを始める前に目視で確認する。

3.左右、モニターの死角とモニターの画面をキョロキョロとまんべんなく確認。

まとめると

バックモニターはあくまでも補助的に使うもので、本来は目視での確認でバックするのが正しい方法です。

バックする方向に真っ直ぐ進み最後に障害物との距離を見切る時だけ使います。

一箇所に視線を固定し過ぎないように注意してくださいね。




正しい使い方が出来れば運転のストレスを軽減できるので活用していきましょう。

便利な世の中になりましたね、それではまた次回お会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました