車だけが希望であり、40歳すぎまで生き残れた特技でもある!

あなたの20代前半はどんな事に一所懸命でしたか?

18歳で自動車免許を取得して以来、思いどおりに車をコントロールすることばかり考えていました。

バイトはもちろんトラックの運転(MT)で学費を稼ぎ、週末は寝ずに走りまわっていました。

20年以上前の体験をもとに、どうやって運転技術を磨いてきたかまとめました。

SNSどころかインターネット環境すら無かった

2000年代のように個人がインターネットで情報発信するなんて、考えられませんでした。

就職は「中卒」「高卒」「大卒」で仕分けされ、中卒だった私は生活費を稼ぐのがやっとでした。

そんな私にも唯一の趣味というか希望というか、とにかく車の運転なら一日中働いても辛くありませんでした。

学校や職場の人たちを乗せて都内を走り回ってケンカになったり、途中でオーバーヒートして止まってしまったり失敗ばかりしていました。

最初のうちは、とにかく「アクセル」を速く長く踏み続ければ、車は進むと思い込んでいました。

夜中街頭もほとんど無い一般道のカーブで、乗用車が横転しているのを見て気づきました。

ハンドル切ったからって車が思い通りに曲がるわけではないかもしれない?

そこで学習したのは、「アクセル」「ブレーキ」「ハンドル」のどの操作をすると車がどんな動きをするのか?

最初のうちは、とにかく「ブレーキ」を踏んだときの挙動をしつこく試して憶えました。

前のサスが沈んで、前輪が路面に強く接地するのを感じられました。

試しにカーブ入り口の手前で減速して前輪が沈んだ状態でハンドルを切ると、良く曲がることがわかりました。

「アクセル」を踏むと後輪が沈んで、車の動きが安定していることに気づきました。

カーブの真ん中から出口にかけて、アクセルを踏むのが楽しくなっていたのです。

誰に教わったわけでなく、自分で仮説を立てて試行錯誤しながら実走で試して憶えていきました。

この頃はネット上に動画やサイトなどの専門的な情報など皆無でした。

そのおかげで色んな発想や視点で、20年ほど経った今も安全に走り続けています。

車もってるだけで自然に人との関わりがもてた

本人は全く気づいてませんでしたが、好きな時に人と荷物を好きな場所に運べるって魔法みたいに凄いと言われたことがあったんです!

私が運転を頼まれるときは必ず「車に酔う人」がいる時でした。www

車酔いの原因をマジメに調べたことすら無かったのに、何故か隣で居眠りしていました。

スキーやスノボなど長距離の移動後も、体調の悪い人なしで遊び呆けることが出来ました。

雪道でチェーンを巻いてみたり、外してみたり遊びの中で自然に上達していきました。

マニュアルなど探しても無かったし、調べるという発想じたいがありませんでした。

無駄な加速や減速を無くし、カーブ手前でキッチリと減速を完了させ車内のメンバーの挙動を一定の間隔でしっかり見て、体調が悪化する前に休憩をとれるようになりました。

職場でも運転技術が役に立ったのが意外だった

初めて就職した運送会社(某大手宅配会社)で先輩たちの横に乗せてもらった時に、「この人は運転が荒い」「この人は丁寧」自分なりに見抜く目が養われていました。

私なりの見極め方は、飲み物をこぼしたり暴れさせたりしないのが上級者の運転です。

じっくり見ていると、液体が容器の中でクルクルと一定の回りかたをしている感じでした。

凄いな!この人の運転を自分でも真似してみよう!

飲み物をセットし走っては、こぼすを繰り返しながら少しずつ上達していきました。

シートや服がコーヒーまみれになったり、臭いが取れなかったりで大変でした。

でも不思議と失敗すら楽しかったのを憶えています。

ただ上手くなりたい!だから夢中になれる・・・

学校や家庭環境には恵まれなかった私が今日まで楽しく生きてこられたのは、間違いなく車を好きな気持ちと言えます。

運転上達のコツは間違いなく楽しむことでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました